受験生の皆様へ

Q&A

トップ > 受験生の皆様へ > Q&A

よくあるご質問をQ&Aにまとめました

  • Q雙葉小学校からの友達と仲良くなれますか?

    A中学1年生は、雙葉小学校出身の約80人と中学入試合格者約100人が、全体で4クラスに分かれます。出身小学校に関係なく、新入生同士ですぐに新しい友達作りができています。また毎年クラス替えをしますので、友人の輪も広がります。
  • Q中学校から高校への進学は、どのようにして決まるのですか?

    A雙葉中学校を卒業する生徒は、原則として雙葉高等学校へ進学することができます。高等学校での外部募集はありません。
  • Q少人数授業はありますか?

    A中学校の英会話、技術・家庭で、クラスを半分に分ける分割授業を実施しています。また中学3年生の英語の授業の一部も分割授業を行っています。高校では、志望に沿った科目を選べるように数多くの選択科目が設けられていますので、少人数で受ける授業がたくさんあります。
  • Q補習はありますか?

    A中学1年生の英語で、比較的学習経験が少ないクラスについては、10月まで週1回放課後に補講をしています。また、各学年とも必要に応じて昼休みや放課後に個別指導やグループ指導を行っています。教員室前の廊下には、生徒の質問に教員が答えるためのスペースが設けられています。
  • Q習熟度別の授業を行っていますか?

    A特に行ってはいませんが、高校では、個人の目的やレベルに合った科目を選択できるカリキュラムになっています。
  • Q理系、文系の割合はどれくらいですか?

    A年度によって多少の差はありますが、約45%が理系で、その中でも医歯薬系志望者の占める割合が大きくなっています。
  • Q保護者の海外赴任・国内転勤で転校した場合、戻ることはできますか?

    A入学後に、保護者の海外・国内転勤で転校した場合は、テストを受けて当該学年に再入学が可能です。詳しいことについては直接お問い合わせください。
  • QPTA活動はありますか?

    AいわゆるPTA組織はありませんが、ご家庭と学校相互の連絡は密にしたいと思っています。保護者会と保護者面談は毎年行っています。
  • Qキリスト教のことをよく知らなくても大丈夫ですか?

    A入学試験の合否には、全く関係ありません。入学後は、宗教の授業や学校行事などを通して、祈りの心を大切にすることを学んでいきます。希望される保護者には、シスターや司祭のお話を聞く機会があります。
  • Q奨学金制度はありますか?

    A経済的に必要になった場合に申請できる、学園と同窓会による2種類の奨学金制度があります。成績優秀者のための特待制度はありません。
  • Q安全面での対策はどうなっていますか?

    A24時間体制で警備員が常駐しています。防犯カメラも設置しています。緊急時には、保護者への連絡システムを利用します。防災用品は、各教室内をはじめ、校内各所に用意してあります。

入試について

  • Q受験番号が早いほうが有利ですか?

    A全く関係ありません。
  • Q通学時間が長いと不利ですか?

    A自宅から学校まで90分以内という出願資格を満たしていれば、問題ありません。
  • Q面接はどのように行われるのですか?

    A面接は、受験生1人に面接担当者2人で、約3分行います。小学校生活のことや中学校生活への抱負などをお聞きします。質問に対して自分なりに考えた事を話してください。事前の特別な練習は必要ありません。
  • Q面接終了時刻はいつわかりますか?

    A終了予定時刻は、1月25日頃に本校ホームペ―ジに掲載し、また、入学試験当日朝にも掲示します。保護者の方は、必ず迎えにいらしてください。
  • Q保護者控え室はありますか?

    A保護者控え室は講堂です。出願時に渡される「保護者証」を提示して入場してください。ただし、面接試験が終わるまで、受験生と会うことはできません。

pagetop