理事長挨拶

トップ > 理事長挨拶

理事長挨拶

学校法人 雙葉学園
理事長 萱場 基

 2022年2月3日更新  雙葉学園のホームページを訪れてくださり、ありがとうございます。  2022年も皆さまにとって幸多い年となりますようにとお祈りいたします。  東京都千代田区六番町にある雙葉学園には幼稚園、小学校、中学校・高等学校があります。他に、日本国内には東京都世田谷区(田園調布)、横浜市、静岡市、福岡市に姉妹校があります。 【雙葉学園のルーツと校訓】  雙葉学園の姉妹校は全世界に広がっています。その初めに登場するのは一人のフランス人司祭です。その名前はニコラ・バレ神父(1621~1686)。バレ神父は「幼きイエス会」というシスターの修道会を創立しました。バレ神父に導かれてシスターたちは「必要とされる所にはどこにでも出掛けていって、子ども達の教育にあたる」ことに力を尽くしました。  創立当初のシスターたちの生き方は、時代を経て「幼きイエス会」の在り方そのものとなり、シスターたちが働く「学校の校風」になっていきました。それは"SIMPLE DANS MA VERTU, FORTE DANS MON DEVOIR" 『徳(品性)においては純真(シンプル)に、(人間として生きる)義務においては堅実(いいかげんにしない)に』という、今は世界中に広がっている雙葉学園の姉妹校の「校訓」として結実しています。 【時代を超える雙葉学園のルーツ】  雙葉学園は1909年に創立されました。創立以来、積み重ねてきた年月は、17世紀のフランスから始まった「幼きイエス会」のシスターたちが力を尽くした学校にルーツをおき、その精神を受け継いでいます。雙葉学園で出会い教えを受けたあの先生、あのシスター、あの時のあの出来事を共有した仲間たち、・・・・・、すべてはそのルーツに備わっている崇高な理想が具体的な出会いや経験となって、雙葉学園でその時代その時代に学び生活した人たちを豊かな成長へと導きました。そして、多くの「シンプルで、頼りになる女性が」この雙葉学園から世界へと巣立っていきました。  雙葉学園はそのルーツから流れ出てくる、古くていつも新しいこの崇高な理想を現代という時代から未来へとつなげようとしています。      寒さはまだまだ続きそうです。健康には十分に気をつけてお過ごしください。

学校法人 雙葉学園 理事長 萱場 基

pagetop