学園概要

トップ > 学園概要

雙葉学園

雙葉学園は17世紀にフランスのニコラ・バレ神父(1621~1686)によって創立された修道会「幼きイエス会」を設立母体としています。バレ神父は、教育を受ける機会のない当時の貧しい子どもたちが、幼いうちから神を知り、愛し、神と人に仕える喜びを学ぶことを願い学校を開きました。そして、読み書きを教え、手仕事を習わせるとともに、信仰を正しく育て、子どもたちが「キリストの似姿」として成長していかれるように導きました。その時、教師として働く女性たちのために創立したのがこの修道会です。

ニコラ・バレ神父
ニコラ・バレ神父

明治5(1872)年、「幼きイエス会」のメール・セン・マチルド他4名が海外からの修道女として初めて来日しました。横浜で孤児の養育・教育などを始め、明治8(1875)年には築地明石町に語学学校を設立しました。これが雙葉学園の前身です。

明治42(1909)年、初代校長メール・セン・テレーズが築地明石町に雙葉高等女学校を設立しました。翌年、現在の四谷の地に移転するとともに雙葉小学校・幼稚園を設立し、今に至っています。

国内の姉妹校は、田園調布雙葉横浜雙葉静岡雙葉福岡雙葉の4校です。シンガポール、マレーシアなど海外にも姉妹校があり、「幼きイエス会」の活動は、ヨーロッパ、東南アジア、南米、アフリカなど世界16か国に及んでいます。

教育理念

雙葉学園は、「幼きイエス会」の創立者ニコラ・バレ神父の意図を継承し、キリスト教の精神・価値観に基づき、子どもの成長段階に応じて、次のような人間形成を目指しています。

  • 人間は一人ひとりかけがえのないものとして神によって創造され、愛され、生かされていることに気づく。
  • すべての人を愛されたイエス・キリストのように、自分を含めた一人ひとりを大切にし、その人にしか果たせない使命のあることに気づき、その人ならではの人生を歩めるようにする。そのために
    • 自分に与えられた能力に目覚め、それを伸ばし、自分を表現することで、本当の自分になっていく。
    • 人とのかかわりの中で、共に学び、考え、助け合い、相互に生かし生かされる関係を生きる。
    • 自分で考え、自由に決断し、その責任をとれるようにする。
  • すべての人は神を父とする兄弟姉妹であるので、さまざまな立場にある人々と分かち合い、奉仕する姿勢を育てる。自分の周囲から始めて世界へ目を開き、国際社会の一員としての自覚をもって、社会のために貢献することのできる人間になる。
初代校長 メール・セン・テレーズ
初代校長
メール・セン・テレーズ

校訓

徳においては純真に  義務においては堅実にSIMPLE DANS MA VERTU FORTE DANS MON DEVOIR

神様と人の前に素直で表裏のないさわやかな品性を備え
やるべきことを誠実にやりぬく強さを持つように

校章

校章

「十字架」はキリスト教精神にもとづく学校であることを
「開かれた聖書」は真理の光を
「ロザリオ」は祈りを
「糸巻き」は勤労を
「白いマーガレットの花」は清純を表しています。
中央の「盾(たて)」と「綬(じゅ)」は
こうした教えを盾として困難をのりこえ
この精神を誇りとして生きることを表しており
上下にはフランス語で校訓が書かれています。
この校章は世界中の姉妹校の生徒がみな胸につけています。

校歌

校歌

学校概要

学校法人 雙葉学園には、幼稚園、小学校、中学校、高等学校があります。

学校法人 雙葉学園

理事長

和田 紀代子

雙葉小学校附属幼稚園

園長

那波 玲子

1学年

50名

(2クラス)

雙葉小学校

校長

河野 久仁子

1学年

80名

(2クラス)

雙葉中学校・高等学校

校長

和田 紀代子

1学年

180名

(4クラス)

pagetop